ホームへ
院長 佐藤彰宏花巻市御田屋町4-28Tel 0198-21-1511Fax 0198-21-1711
診療のご案内 クリニック紹介 アクセス お問い合わせ

<クリニック紹介>

ごあいさつ

 院長の佐藤彰宏です。さとう内科クリニックのホームページをご覧いただきありがとうございます。
 私はS46年3月に花巻市で生まれました。父の佐藤彰孝は藤沢町で佐藤医院を開業しており、私は曾祖父の代から数えて開業医として4代目になります。
 H7年に岩手医科大学医学部を卒業後、第一内科(現 内科学講座 消化器・肝臓内科分野)に入局。大学病院および県内・秋田・青森などのさまざまな病院で研修しH19年から2年間は花巻厚生病院に勤務しておりましたが、厚生病院の合併・移転に伴い退職しクリニックを開院いたしました。となりに弟の整形外科クリニックも同時に開院しております。
 大学では肝臓疾患の研究グループに所属しておりましたが、消化器内科医として胃・大腸疾患の診療(胃カメラ・大腸カメラなど)や糖尿病の診療も専門としておりました。これからもみなさまのご健康のお役に立てるよう努力してまいります。


クリニック紹介

 建物の設計は盛岡のアトリエノルドさん、施工は花巻の伊藤組さんです。限られた工期の中で素晴らしい仕事をしていただきました。一つの建物のように見えますが、北側が整形外科、南側が内科になります。

(C)photo 小川泰祐


院内の検査機器をご紹介します。


内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

○苦痛のない内視鏡検査を目指します。

 胃や大腸は炎症や潰瘍などの良性の病気に加え、ポリープや癌などの悪性の病気ができやすい臓器です。詳しく調べるために内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)が必要ですが、非常に苦しい検査だというイメージを持たれている方が多いと思います。当院では消化器内科医として内視鏡検査を行ってきた経験と、経鼻内視鏡をはじめとした最新の器機、スタッフ(看護婦さん)による適切な介助で、患者さんが楽に検査を受けていただけるよう配慮いたします。ご希望で鎮静剤も使用いたしますのでお問い合わせください。

オリンパス社内視鏡ビデオスコープシステム
EVIS LUCERA
経鼻・経口内視鏡 XP-260N
先端部外径5mmの細径内視鏡です。

CT(コンピュータ断層撮影)

○癌の早期発見、正確な確定診断のために。

 身体の輪切りのレントゲン写真を撮影して病気を調べます。超音波検査で診断が困難な病気も早期に発見することが可能です。癌の早期発見・正確な確定診断のために、医院を開業するにあたりCTはなくてはならない器機として導入いたしました。より詳しく調べるために造影剤を使用した検査も行いますが、アレルギーのある方は使用できないこともありますのでお知らせください。

日立メディコ社 Multislice CT
ECLOS
腹部断層写真
肝臓・脾臓が写っています

腹部超音波(エコー)検査

○低侵襲で確実な診断を。

 診察室ですぐに行える検査で、超音波を利用して内臓の形を画像化して病気の有無を調べます。レントゲン検査のようなX線の被爆もなく繰り返し行うことができますので、何か異常が疑われる場合にまず行う検査であり、定期的な経過観察にも利用します。消化器内科医として超音波検査も専門に行っておりましたが、検査の特性上どうしても検査が困難な部位がありますので、病気がはっきりしない場合はCT検査と組み合わせて診断を行います。

日立メディコ社 超音波診断装置
EUB-7500
右肋間走査で観察した肝臓

院内血液検査・尿検査

○受診した当日の検査結果をすぐにお知らせします。

 肝機能、コレステロール・中性脂肪、血糖値・ヘモグロビンA1cや緊急性のある病気の診断に必要な血液検査・尿検査は、院内で迅速に検査が可能です。受診した当日に検査結果がわかりますので、より確実に治療方針を決定することができます。